さまざまなビジネスシーンで多角的なレポートや集計・分析を可能にする多機能型のツールです。多様なデータコンテンツから必要なデータをお選びいただくだけで、どんな業界にも対応します。また独自に作成したさまざまなデータベース(ユーザデータ)を利用し、地図上での加工・編集を行うことができます。これによりオリジナルのポイントマップや統計データの作成、およびそれらデータマップなどの共有化を可能にします。

汎用マーケット分析ヘッダ
ジオコーディング機能
「住所マッピング」とも言い、高精度なエリア分析を行う上で最も重要な機能です。お客様固有の「ユーザデータ」(顧客・営業所・店舗などのパーソナルデータベース)を、住所情報を利用して地図データの座標とマッチング(プロット)させます。
住所マッピング(ジオコーディング)機能
店舗・顧客データ等の個々データレコードを、地図データ上の座標とマッチングさせる処理機能(住所の文字情報を座標データに変換)の事を「住所マッピング」または「ジオコーディング」と言い、本サービスをご利用いただく上で、最初に行う必要があります。
本サービスは「ジオコーディング」機能を標準でご提供していますので、大量の顧客データの一括アップロード(CSV/テキスト形式)および対話・手動式での個別登録が可能です。
またデータが大量の場合やアップロード方法についてご不明な場合は、別途オプションにて「住所マッピングサービス(代行サービス)」をご利用いただけます。
お気軽に営業窓口へご相談ください。
ジオコーディング機能
オリジナルなポイントデータを自動生成

・地図とマッチング(顧客や拠点が1件単位で地図とマッチングされます)された「ユーザデータ」は、1件(1レコード)ごとに属性データを備えたポイントデータ(ユーザポイントデータ)として地図データ上に展開表示(プロット)できるようになります。

・作成された「ユーザポイントデータ」は、さまざまな地図データとの重ね合わせ、レイヤを使用した表示制御、ラベルや属性データなどの追加編集、特定の計算式を利用した集計計算など、さまざまな加工・編集および分析処理に利用することが可能です。

・地図上にプロットされたポイントをエリア単位や任意の条件で集計することで、さらに独自の統計データ(ユーザ統計データ)を作成することができます。(※作成された「ユーザ統計データ」はダウンロード可能です)

バッチ式/対話式の2種類のデータ登録機能
大量のデータを一括登録し、自動的に地図データへプロットするバッチ式(CSV/テキスト形式でのアップロード)と、地図画面を見ながら手動でプロットする対話式の2種類の方法を利用できます。
最大5種類の「ユーザデータ」を同時に管理
住所データを備えた「ユーザデータ」(顧客・営業拠点・競合店情報等)を、最大5種類まで同時に登録・利用できます。登録済みの「ユーザデータ」は、そろぞれレイヤによる表示制御や個別管理が可能です。
最大70項目の属性情報管理
ユーザデータは、管理コード(ID)、名称(顧客名など)、住所情報を含め、1種類あたり最大70項目の属性情報を登録・管理することができます。
【※ご注意:「ユーザデータ」の一括登録について】
お客さまが保有されている顧客情報などの住所データは、地図データ側の位置情報と一致しない情報が含まれていることがあります。そのため、ジオコーディング機能のバッチ式自動処理では、一部のレコードを地図へプロットできない場合があります。自動でマッチングしなかったレコードについては、対話型のジオコーディング機能を使用して個別にプロットしてください。
オリジナル統計データの利用
お客様固有の「ユーザ統計データ」をアップロードし、地図データとして活用することができます。

市区町村別、町(大字)別、丁目(小字)別、1kmメッシュ・500mメッシュ別に登録が可能。

データ検索と地図表示
お客様固有の「ユーザデータ」やオプションデータなどを、さまざまな任意条件で検索し、地図またはリスト表示します。
地図参照機能
顧客・店舗・競合などの登録済み「ユーザポイントデータ」の、地図上での分布表示/ラベル表示/属性データ表示。
条件検索とリスト表示
条件設定による一括検索/半径・到達圏・任意商圏エリア検索/検索結果のリスト表示。
結果リストからの地図検索
リスト表示された検索結果から、特定データを指定し地図を表示。
「ユーザデータ」の編集・更新
登録済みの「ユーザデータ」は、新規レコードの追加や削除・編集、ダウンロードなどが可能です。
データの追加登録と編集・更新
1件ごとに対話式での追加登録ができるほか、削除・編集、地図上での位置変更、属性情報の修正などが可能。
ダウンロード
一旦登録・更新された「ユーザデータ」または「ユーザ統計データ」は、ダウンロードして新しいデータベースとしてご利用いただけます。
ワンクリック商圏分析レポート
簡単な操作だけで、指定した商圏の分析結果を地図やグラフを使用したレポート形式で自動的に出力することができます。(※簡易形式/通常形式レポートを利用可能)
実勢商圏のデータから説得力ある調査レポートを自動生成
特定の店舗の顧客レポートが欲しい場合などに便利です。
距離範囲など商圏として抽出したい任意条件を設定し、その中心地点を地図上で指定するだけで、自動的にそのエリアのデータを集計し地図とグラフ、リスト表示などのレポート形式(Excel形式)で出力します。
汎用マーケット分析-画面図2

アプリケーション別 標準データ一覧

活用例

1. 顧客分析


住所データから、お客様固有の顧客情報などを地図上にプロットし、分布を見ることができます。また顧客の購入実績などの属性データを利用し、地図上でのランク別色分け表示などが可能です。
2. 新規出店計画



人口統計データ、消費支出データなどの統計データから、出店候補地の市場規模やターゲット人口を把握できます。その地域における自店と他店との位置関係や商圏規模の比較、新規出店のための最適地の検索、または候補地の可否判断などを行なうことができます。
3. 実勢商圏把握
店舗ごとの来店調査、販促キャンペーンなどで収集された顧客情報を、住所データから地図上へプロットし、分布状況などを表示・分析することができます。
4. 折込み広告計画
統計データを利用して商圏における地区別の年齢別人口、世帯数、既存顧客数、市場の占有率、顧客特性などを把握し、折込み広告やポスティングにおけるエリアの設定・管理を容易にします。
5. 営業支援
コンタクトを要する顧客の選定や、訪問計画、DMの送付先選定など、営業現場での活動に必要な顧客情報の素早い把握を可能にします。
6. テリトリー最適化
住所データから、お客様固有の顧客情報などを地図上にプロットし、分布を見ることができます。販売テリトリーの最適設定により販売活動を効率化します。