学習塾の新設計画やマーケティング調査のために最適化されたツールです。最新の消費支出データから、商圏内の補習教育費の実態や、数年先の予測値を市区町村や町丁目単位できめ細かく把握することができます。また簡単な操作だけで、多様なレポートを素早く作成します。

学習塾市場分析ヘッダ
最適化されたデータコンテンツ
分析基盤として次のようなデータを利用できます。またオプションとして学校データマスターや住民基本台帳年齢別人口データなどの利用が可能です。
標準データ
◆国勢調査町丁字別各歳人口データ(最新の全国版データ)
◆推計消費支出データ(市区町村別、町丁目別、1km/500mメッシュ別)
オプションデータ
◆全国学校データ
◆学習塾データ(最新の電話帳データ)
◆住民基本台帳ベース年齢別人口データ(町丁目別)
◆年収別世帯数・平均年収データ
◆市区町村別将来推計人口データ
◆駅別乗降客数

◎上記は基本となるデータを記載したもので、使用可能な全データのリストではありません。使用可能なデータコンテンツの詳細については、「機能一覧」と「地図・統計データ詳細」を参照してください。

◎各種データコンテンツは、バージョンアップ等により一部が変更・追加される事があります。

◎統計データなどのデータコンテンツは、各リリースの時期に応じて最新版をご提供しています。

学習塾の市場調査
対象物件を中心とする複数商圏の設定が可能です。ターゲット人口や競合塾、学校の分布状況を地図上で素早く把握し、エリア単位で補習教育費などをきめ細かく集計することができます。またオプションデータの利用により、さらに数年先の予測集計も可能です。
1)最大3つの同心円・到達商圏を設定可能

・学校区などの把握に便利な、道なりの到達商圏を設定できます。

・設定された商圏ごとに、ターゲット人口比率や競合塾数、現状の補習教育費、その他年齢別人口などのデータを瞬時に集計します。

2)同心円商圏に対する分断商圏の設定(任意多角形で同心円を切り取ることが可能)
すでに設定済みの同心円商圏を、地図上で作成した任意の多角形によって分割することができます。分割・切り取られたエリアは、それぞれ分断商圏として個別にデータを集計することが可能です。
学習塾市場分析-画面図1
実勢商圏の把握と推計
自教室の生徒データを使用し、各教室ごとの実態を地図上できめ細かく把握することができます。さらにオプションデータを使用すると、ターゲット人口の推移などから数年先の売上高などを推計することも可能です。
1)ジオコーディングによる教室生徒データのアップロード
ジオコーディング機能により、実際の教室生徒データをアップロードして分析用データとして使用することができます。ジオコーディング機能に関しては、「汎用マーケット分析」の機能説明を参照してください。
4)生徒分布主題図/生徒獲得率主題図
アップロードした生徒データを使用し、指定した商圏内(同心円/到達圏/分断任意商圏)の生徒顧客の分布状況およびターゲット人口に対する獲得率を集計し、その結果を地図上に展開します。
5)オプションデータを利用した将来推計
「住民基本台帳・町丁目別年齢別人口データ」オプションの利用により、直近年の期待売上高をエリア別に推計することが可能です。また学校データマスターを利用することで、さらに幼稚園から高校まで、エリア単位できめ細かくターゲット人口推移を把握できます。
市場調査レポートの自動作成
調査対象となる物件の位置を地図上で指定するだけで、次のようなレポート(Excel形式)を自動的に生成します。(※オプション)
【商圏分析】
商圏分析地図、年齢別人口グラフ、競合学習塾一覧表、学校分布地図、補習教育費主題図
【生徒分析】
生徒分布主題図、生徒獲得率(町丁目別)、生徒数・生徒獲得率一覧表(町丁目別)
学習塾市場分析-画面図2

アプリケーション別 標準データ一覧

活用例

学習塾の市場調査・分析

・用地周辺の地域特性や校区などの把握
・教室ごとの実勢商圏の把握、広告活動支援
・用地別の将来売上推計、新設計画支援