地域における保育施設の実態を素早く分析・把握するための専用ツールです。住民基本台帳データを使用した子供の各歳人口の集計、また他の事業施設の定員数を抽出し、その地域の施設充足度を分析することができます。新規の開園計画に伴う立地調査や、地域ごとの運営戦略の強化にご活用いただけます。

保育市場分析ヘッダ
主要なデータコンテンツ
分析基盤となる主要データコンテンツとして、介護・福祉分野のために整備された次のようなデータを搭載しています。
標準データ
◆国勢調査データ(市区町村別、町丁字別、500mメッシュ別)
◆学校(幼保小中)データ
◆住民基本台帳人口データ(町丁目別)

◎上記は基本となるデータを記載したもので、使用可能な全データのリストではありません。使用可能なデータコンテンツの詳細については、「機能一覧」と「地図・統計データ詳細」を参照してください。

◎各種データコンテンツは、バージョンアップ等により一部が変更・追加される事があります。

◎統計データなどのデータコンテンツは、各リリースの時期に応じて最新版をご提供しています。

保育市場の実態を素早く分析
分析対象の商圏をきめ細かく指定し、その地域の既存の幼稚園、保育園の分布状況を地図上で視覚的に把握することができます。また住民基本台帳データから子供の各才人口を集計し、その商圏における幼・保育園の充足状況を素早く分析します。
1)分析対象の商圏を設定する(特定の場所を中心に対象エリアを指定)

・分析対象となる商圏を、「円/到達圏/任意/市区町村」から指定することができます。

・円商圏は、最大3つまで指定できます。商圏を任意の多角形で分断または一部削除することができます。例えば商圏内に河川がある場合、河川の向こう側の施設を分析対象から外すなど、よりきめ細かく商圏を指定することができます。また、分析結果の出力方法を「同心円/ドーナツ」から指定できます。

・車到達圏商圏は、最大3つまで指定できます。「時間/距離」で指定でき、時間は「徒歩/自転車/車」の3種類から指定できます。また、車到達圏については、高速道路の使用有無も指定できます。

・任意商圏は、ユーザご自身が商圏を多角形で自由に設定することができます。

・市区町村商圏は、市区町村の住所区分を、一つの分析対象エリアとして指定することができます。

・「円/到達圏/任意」で商圏を設定する際に、商圏範囲を市区町村で分断することも可能です。地域密着型の事業において、市区町村ごとの実態をきめ細かく把握する場合は、この指定方法をご使用ください。

保育市場分析-画面図1
2)幼稚園・保育園の分布地図とリスト表示
指定した商圏内の既存の幼稚園・保育園の位置を示す地図および、リストを素早く表示します。 分布状況を地図化することにより、他の園との相関関係やテリトリーなどの実態を直観的に把握することができます。
保育市場分析-画面図1
3)商圏における充足度を判定
住民基本台帳の人口データ(町丁目別・0歳~5歳)と幼稚園・保育園の事業所データから定員数を集計し、その商圏における既存の園の充足状況を分析します。
エリア分析レポートの自動作成
分析対象の幼稚園・保育園の住所を地図上で指定するだけで、次のようなレポート(Excel形式)を自動生成します。(※オプション)
〈保育市場分析レポート〉
◆任意に指定した商圏地図(同心円/到達圏/市区町村)
◆既存の幼稚園・保育園リスト
◆年齢別ターゲット人口の集計結果とグラフ
◆現況の保育園の充足度集計
〈顧客データ分析レポート〉※オプション

◆入園している園児のデータを地図上に展開し、分布図を作成します。実勢商圏を視覚的に把握することができます。

アプリケーション別 標準データ一覧

活用例

保育園の新規開設計画
・適切な保育園の開園場所を選定
・事業計画書の策定
保育園の園児募集支援
・既存保育園の市場分析を行い、園児募集計画を支援